Blog

ブログ

私たちはなぜ「自然体験」が必要なのか?

私たちはなぜ「自然体験」が必要なのか?

と〜ってもお久しぶりのブログ更新。なんと、2月ぶりです!!

読んで下さっている方、ごめんなさい。

ようやく夏が来たと思っていたら、もう10月。
ここ西会津町は少しずつ、朝夕寒くなってきている!

 


この半年間で一番大きなできごとは、何と言っても、

出産をし、子育てがはじまったこと!

スリングが大活躍!

 

Read more about 私たちはなぜ「自然体験」が必要なのか?

根源的な存在の否定から生まれた行動力(4)〜「いのちの選択」を通して考えた生きる意味〜

根源的な存在の否定から生まれた行動力(4)〜「いのちの選択」を通して考えた生きる意味〜

高校進学は、

受験が早く終るということや、姉兄も通っていたなどの理由から、深く考えずに

三重県にある私立愛農学園農業高等学校を選択した。

この高校は、全寮制、キリスト教、有機農業を本格的に行う学校で、全国でも珍しい学校であった。

高校生は積極的に農産物の生産や家畜の世話、管理や経営などに携わり、校内の食糧自給率が70%を Read more about 根源的な存在の否定から生まれた行動力(4)〜「いのちの選択」を通して考えた生きる意味〜

根源的な存在の否定から生まれた行動力(3) 〜「他人に迷惑をかけても良い」父の教えの真義は〜

根源的な存在の否定から生まれた行動力(3) 〜「他人に迷惑をかけても良い」父の教えの真義は〜

 父を筆頭に、私の家族は「変わっている」と見られていた。

 

「美農里の父ちゃんは、いつも地下足袋だな〜」

 小学校の高学年から中学生になると、同級生からは、このようにからかわれていた。

 

私の父は、中学生の時から植物の受粉をして遊んでいたというくらいの、根っからの農業好き。
農学部を卒業後には、農業試験場の研究員という仕事の傍らで、 Read more about 根源的な存在の否定から生まれた行動力(3) 〜「他人に迷惑をかけても良い」父の教えの真義は〜

根源的な存在の否定から生まれた行動力(2) 〜福島の里山で育った幼少期〜

根源的な存在の否定から生まれた行動力(2) 〜福島の里山で育った幼少期〜

私が、自己の存在意義を考え始めたのは高校生になってからだ。

その前段階として、生まれ育った環境が大きく影響していると考えている。

 

一つは、自然環境。

Read more about 根源的な存在の否定から生まれた行動力(2) 〜福島の里山で育った幼少期〜

根源的な存在の否定から生まれた行動力 (1)

根源的な存在の否定から生まれた行動力 (1)

Dana Villageをはじめて、約半年が経過した。

その間、うまくいくことばかりではないけれど、自己の想いをあらわす「場」があるのは、嬉しい。

さて、このブログでは、「ポジティブになれること」「元気が出ること」「幸せになれること」を書きたいと思っていた。


しかし、

Read more about 根源的な存在の否定から生まれた行動力 (1)